生活に気をつける

血液は健康の要と言われています。

血液は全身に酸素と栄養素を運んだり、体の老廃物を除去するという私たち人間が生きていくうえで非常に重要な役割を果たしています。 血液がサラサラの健康な状態であれば体中にまんべんなく酸素と栄養素を届けることができますが、血液がドロドロの不健康な状態になると、体中にまんべんなく酵素と栄養素が行き渡らなくなり、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、ガンなどといった様々な疾患を招いてしまうことになります。 したがって血液サラサラ状態に保つことが、健康な体へと繋がっていきます。 しかし近年は、過度の脂肪の多い食べ物や甘いお菓子の摂取や喫煙、運動不足、ストレスなどによって血液がドロドロの人が増えてきています。

それでは血液をサラサラにするための説明をします。

まず自分が血液ドロドロか血液サラサラか知る必要があります。 動悸や頭痛を感じる、お酒を毎日飲む、魚より肉をよく食べる、野菜あまり食べない、外食が多い、運動をあまりしない、喫煙者、食べるのが早い、これらの項目に3つ以上当てはまれば血液ドロドロの可能性が高くなります。 この項目に3つ以上当てはまった人はもちろん、当てはまらなかった人も血液サラサラの方法を生活に取り入れてることをオススメします。 血液サラサラになる方法は、運動と食生活にあります。 ウォーキングやジョギング、エアロビクスなどの有酸素運動や、魚や海藻類、納豆、お酢、キノコ類、野菜類などを積極的に取り入れることで血液サラサラになることが出来ます。

LINKS

  • アディポネクチンのすべて

    アディポネクチンで高血圧や動脈硬化を防ぐことができます。健康な身体になれるようにこれらの知識を身に付けておこう。
TOP